ズームイン顔 / Zoom in Face

モニターの上に設置されたカメラが、認識した顔に向かって「カーッ!!」という効果音とともにズームインし、お約束を体験者に無理強いする装置。その場に居合わせた体験者同士の異なる背景が、緩やかに共有されたコンテクストを通して混在せざるを得ない状況を目指した。同時に、自らの顔にズームインしてくる強制的な仕組みは、何者かによる注目の眼差しであり、体験者の生命を無条件に肯定する。

A camera on the monitor zooms in recognized face with a sound effect, forcing the user to stereotyped camera work. The aim was to create a situation where different backgrounds of the presenters who were present at that place had to be mixed through a loosely shared context. At the same time, the compulsory mechanism of zooming in on one’s face is the gaze of someone’s attention and unconditionally affirms the life of the experiencer.

YouTube

受賞
第19回文化庁メディア芸術祭
エンターテインメント部門・審査委員会推薦作品

出展
ひかるどうぶつえん 2019
MEDIA AMBITION TOKYO 2017
アフターファイブガバメント

常設
仮面屋おもて
Miraikan Shop (終了しました)

Exhibition
Hikaru Doubutsuen 2019
MEDIA AMBITION TOKYO 2017
After Five Government

Permanent Exhibition
Mask shop OMOTE
Miraikan Shop (終了しました)

Award
19th Japan Media Art Festival
Entertainment Division, Jury Selection

企画 / 制作
佐々木 遊太

スペシャルサンクス
犬飼 博士
北澤 潤
(公財)くにたち文化・スポーツ振興財団
酒井 景都
佐々木 慶子

Created by
Yuta Sasaki

Thanks for
Hiroshi Inukai/a>
Jun Kitazawa
Kunitachi Arts and Sports Foundation
Kate Sakai
Keiko Sasaki

(c) 2020 ささき製作所 | powered by WordPress with Barecity