午後の揺曳

東京藝術大学大学美術館にて開催された「宮廻正明展 行間のよみ」にて、宮廻正明先生の作品「午後の揺曳」を、部屋の4壁面にマルチプロジェクションするインタラクティブアニメーションとして再構築しました。絵画に時間軸を与え、鑑賞者とのコミュニケーションを生む空間を目指しました。

[credit]

バベルではたらこう

ブリューゲル『バベルの塔』展」の関連企画である藝大藝大COI拠点主催「Study of BABEL」展にて制作したアプリケーション群です。会場に設置された専用のiPadで顔を撮影すると、3.4メートルの立体バベル像内部ではたらく人々の映像に顔が反映されます。自分を探すアクティビティを生むことで、ブリューゲル「バベルの塔」の魅力である緻密さと壮大さの「体感」を目指しました。

YouTube

[credit]

鈴木よしはる

廃棄された実在のポートレートに映像をモンタージュすることで、それが持つほのかな命をあらためて燃え上がらせ、メディア化し、見る人の中に物語を生成する試みです。Aを入力するとBが返ってくるような、コンピュータを用いた表現が得意とする「関数」とは異なるアプローチとして、「本当のこと」にテクノロジーを持ち込み、その回路が変わっていくプロセスをドキュメンテーションしました。

YouTube

受賞
WIRED CREATIVE HACK AWARD 2016
グランプリ

出展
MEDIA AMBITION TOKYO 2017

[credit]

鉢植え問答

アートプロジェクトのイントロダクションとして、富士見台ストアの入口に飾ってある鉢植えたちに吹き出しを付けたサイネージです。何気ない景色に、素朴な仕掛けで小さな物語をインストールすることで、見る人の想像力を喚起し、日常を豊かにする試みです。

YouTube

出展
アフターファイブガバメント

[credit]

ずっとマブだし♡♡♡

1枚のプリクラがはらむ事柄を、見る人の想像力で顕在化させることを目指したアニメーションです。たくさんの素材を詰め込むのではなく、見せ方をたくさん詰め込むことで、ひとつの素材でどこまで引っ張れるか、という実験映像でもあります。

YouTube

[credit]

次ページへ »
(c) 2018 ささき製作所 | powered by WordPress with Barecity