もも太郎

本来、人間の肉体とは、生命活動を支えるビオトープです。しかし人間というのは、よくわからないことに向け、なかばムキになって、自身の肉体に負荷をかけていくこともあります。『もも太郎』は、精神の解放であるカラオケに、意味もなく肉体的な負荷をかけることで、精神と肉体の限界をミニマルに体感する仕組みです。太ももの痛みと、歌い切ろうとする意思のせめぎ合いが、意味の無意味性を浮かび上がらせます。それは、映像の最後にある、心弾むコミュニケーションへと還元されました。

YouTube

[credit]

ズームイン顔

カメラが認識した顔に向かってカーッ!!とズームインし、「お約束」を体験者に無理強いする装置です。その場に居合わせた人々が無理強いとの遊び方を模索することで、様々な背景が混在する状況を目指しました。顔への強制的なズームインは、「これでいいのだ」と言わんばかりに、体験者の生命を全肯定します。

YouTube

受賞
第19回文化庁メディア芸術祭
エンターテインメント部門・審査委員会推薦作品

出展
MEDIA AMBITION TOKYO 2017
アフターファイブガバメント

常設
仮面屋おもて
Miraikan Shop (終了しました)

[credit]

なんかへんな階段

高須クリニックのサウンドロゴを分割し、それぞれの音源を圧力センサに割り当てることで、のぼる度に「高須」「クリニック」と音が流れる階段です。非日常のなかに、唐突に日常を呼び起こすことで、体験者自身の生活を照らし出す試みです。

YouTube

出展
TRANS ARTS TOKYO 2015

[credit]

即席紙芝居

その場で撮った子どもの写真や、画像検索APIで好きな動物などの画像を取得し、テンプレートにはめ込んで紙芝居師が「語り」を付ける、即席の街頭紙芝居専用Webアプリケーションです。「インターネットを使って個人的なことを皆で楽しむ装置」をコンセプトに制作しました。「国立紙芝居」の取り組みを通して、現代における紙芝居屋さんを試みています。

YouTube / 記事

受賞
第15回文化庁メディア芸術祭
エンターテインメント部門・審査委員会推薦作品

出展
第15回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
文化庁メディア芸術祭富山巡回展
文化庁メディア芸術祭山梨巡回展
他多数

[credit]

友達

友達

サバンナをゆく、サバンナとはあまり関係の無い動物たちに、何かが起こります。こちらからご覧頂けます。

受賞
1-click Award 2009
インタラクティブ部門・優秀賞

[credit]

次ページへ »
(c) 2017 ささき製作所 | powered by WordPress with Barecity