HUAWEI × WIRED

WIRED」日本版にて、通信機器メーカーHUAWEIのプロモーション記事を制作しました。最新デバイスでプロトタイピングをする内容となっています。「HUAWEI P10 plus」では、高精細の映像を用いたインタラクティブアプリケーションを、「HUAWEI Media Pad M3 Lite10」では、高品質なサウンドシステムを活用したパフォーマンスを行い、各々の性能をものづくりの面から検証しました。

ファーウェイのスマホ&タブレットでアート作品?をつくってみた

[credit]

SCWSティザー

2017年11月15日〜17日、日本科学未来館で開催される「世界科学館サミット(SCWS)2017」の、ティザームービーを制作しました。世界中の人々が、東京へのわくわくした想いをはせられるよう、アップテンポな映像を目指しました。

Facebook

[credit]

バベルではたらこう

ブリューゲル『バベルの塔』展」の関連企画である藝大藝大COI拠点主催「Study of BABEL」展にて制作したアプリケーション群です。会場に設置された専用のiPadで顔を撮影すると、3.4メートルの立体バベル像内部ではたらく人々の映像に顔が反映されます。自分を探すアクティビティを生むことで、ブリューゲル「バベルの塔」の魅力である緻密さと壮大さの「体感」を目指しました。

[credit]

ズームイン猫

猫の顔を認識するやいなやカーッ!!とズームインする、iOSアプリです。このアプリを持ち歩いておけば、ご自身の愛猫のみならず、お友達の愛猫から通りすがりの野良猫まで、あらゆる猫にカーッ!!とできます。

[credit]

鈴木よしはる

廃棄された実在のポートレートに映像をモンタージュすることで、それが持つほのかな命をあらためて燃え上がらせ、メディア化し、見る人の中に物語を生成する試みです。Aを入力するとBが返ってくるような、コンピュータを用いた表現が得意とする「関数」とは異なるアプローチとして、「本当のこと」にテクノロジーを持ち込み、その回路が変わっていくプロセスをドキュメンテーションしました。

YouTube

受賞
WIRED CREATIVE HACK AWARD 2016
グランプリ

出展
MEDIA AMBITION TOKYO 2017

[credit]

次ページへ »
(c) 2017 ささき製作所 | powered by WordPress with Barecity